上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCのブラウザからyFrogの画像を見ようとしても見れないと思ったら
(広告がブロックされてなければ)でかでかとしたフラッシュの広告の右横に
Continue to Media っていうリンクがこっそりあります。
それ押せば画像が見れます。

広告をブロックするとContinue to Mediaっていうリンクが1/3ほど隠れてしまいました。
一回リダイレクト挟むのも、デザイン的にも筋が悪いような。

スマートフォンをメインターゲットにしてるからPCってことなのかなぁ。
スポンサーサイト
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
わかるだろって言われてもわからなかったんだもん!

ナビゲーションビューで消したいプロジェクトを選ぶ
メニューのProject -> Close Project でプロジェクトを閉じる
Edit -> Delete でプロジェクトを消せる。

展開中のプロジェクトの削除はできない模様。


この時チェックボックスにチェックをつけると、中のファイルも抹殺できる。
(チェックを外したままならファイルの削除は行わない)
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
AndroidSDKをMac上で動くTitaniumStudioで認識させようとしたのですが
どうもこうもうまく行かなかったんですよ。

つい先日、TitaniumStudioが1.08にバージョンアップしたとかで、
改めて試してみたところ、単に「AndroidSDKが認識できない」から
「Android 2.1用が認識できない」的なメッセージに変わっていました。


ということで、改めてAndroid SDK Managerから
Android2.1用SDK Platform他一式インストールしたらあっさり認識してくれましああた。

adbのシンボリックリンク作っても認識してくれNEEEEとかかったらこのへんかもしれませんねぇ


トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
Tweenをインストールしてアカウント情報を入れましょう。

そこから設定です。

■最初にちぇけらな設定
ファイル→設定から各種設定です。
各項目の詳細は公式ホームページやWiki等に投げるとして、
とりあえず優先的にチェックすべき項目は以下です。

動作→投稿
・POSTキー
 デフォルトEnterキーですが、改行を含むPostをしたい場合や、
 ミスPostを減らす目的で私はCtrl+Enterにしています。好みで。
表示→発言一覧
・リストのアイコンサイズ
 タイムラインに表示される行数は、アイコンのサイズ依存なので
 1行では足りない人は24x24か48x48をチョイスしましょう。
・ソート順を変更できないようにロックする
 メインの画面のカラムを押すとソート順を変更できます。
 が、普通は1度設定したらそうそうソート順を変更することはないと思うので
 ロックシておいた方が慌てないで済むかと思います。
 新着ツイートが上から表示されるほうに慣れているなら
 先にソート順を変えてからロックしましょう。


他はデフォルトで特に問題ないと思います。
気になる人はのんびりチェックしましょう。
アイコンのサイズ変更は再起動後有効なのでファイル→再起動で。


■カラム(列)の調節
アイコンカラムとかつぶやきの表示されてるカラムとか、日時のカラムとか
色々ありますけどあまり意識しなくていいのもあります。

カラムの右端をドラッグして幅を変えられます。
不要なカラムは幅を0にしてしまいましょう。
また、真ん中をドラッグで並び順が変えられます。
見やすい順に並べましょう。

横スクロールもできるので普段はみないけど時々気になるような項目は右に追いやってもいいです。
私は普段はアイコンと名前とつぶやきしか見えない幅にしてます。



■Tweenの操作
Tweenはマウスでもおおよそ操作に困ることはありませんが、
キーボードでほぼすべての操作を行うことができるというのがコンセプトですので
便利なキーボードショートカットが沢山あります。

とりあえず有用なものなんかを以下にまとめます。
気が向いたら公式サイトかWikiあたりで全部するといいです。


・フォーカス移動
Tab:ツイート枠とタイムライン枠でフォーカスの移動
Enter:その人への@をつけてPost枠へフォーカスを移動

・タイムラインの移動
スペースキー:最後の未読発言へジャンプ。スペースキー連打でツイートをチェックチェック!
[、]:@先の発言へ移動したり戻ったり
←→:その人とその人が@を飛ばした人の発言を見る

・ふぁぼったりRTしたり
Ctrl+S:ふぁぼる
Alt+R:公式RT

・注意すべきキー
A、S:隣のタブに移動 突然別のタブにとんだらこれを疑うこと。


■タブわけ
たぶんTween一番の目玉。
ヘビーに使い始めたら知ってると便利かも。
普段特に不便してないなら忘れてもかまいません。

タブ分けは、タイムラインとそのタブの両方に表示するタイプと、
メインタイムラインには表示しないでそのタブだけに移動するタイプとあります。

応用の方法は色々あるけれども、とりあえず一例を。

・Twittbot.netをタブに移動する(メインのTL(Recentタブ)に表示しない)
 ・タブのあるあたりで右クリック→タブの新規作成
 ・名前を入れる。2~4文字ぐらいがタブが短くていいかも。
 ・種類はタイムライン振り分け
 ・新しく作ったタブを右クリック→振り分けルールを編集
 ・真ん中ぐらいに新規ってボタンがあるのでポチると新規ルールの作成
 ・Sourceのところにtwittbot.net と入れる
 ・マッチ時の追加動作の箇所を、「Recentから移動する」にチェック

Twittbot.netを利用した定期Postとか邪魔だなぁと思ってる人はこれですっきり。
このタブが通知されてじゃまくさいなぁと思ったら
さらにこのタブを右クリックして新着通知のチェックを外したり
未読管理のチェックを外すといいです。

タブ分けはメインのTLの受信と同時に行われ、未読管理はメインのTLと一緒に管理されます。
リストの読み込みもできますが、こちらは別々に管理されるので用途に応じて使い分けるといいかも。

トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
■リスト作成
リスト名の最初に半角数字と半角記号は含められません。
2文字目以降であれば空白を含むすべての?文字が使えるようです。
(URL上、1文字以上の連続する半角記号は1つの - にまとめられます。)
リスト名は25バイト、説明文は100バイトまで設定可能です。
全角文字は一文字3バイトで計算します。
*UTF-8コードなので日本語は2バイト文字ではく3バイトです。

■リスト登録
登録1件につきAPIを1つ消費します。
リストは1アカウントにつき20件までしか作成できません。
また、1つのリストにつき500件までしか登録できません。



◯開発者向け
POST lists (create)
文字のエンコードはUTF-8です
リストを作成する際、URLエンコード等はいりません。

POST list members
文字のエンコードはUTF-8です。
list_idはURLエンコードされている必要があります。
list_idはGET listsして得たデータを使う場合、
当然ながらlists->list->slugの方を使う必要があります。



多分これで合ってると思う。
TwitListReg - リスト一括登録Webサービス作ってて調べた。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
Windows Vista/Windows 7でFinal Fantasy XIを遊べるか?と問われれば
遊べます。と答えるでしょう。
しかし、快適に遊べるか?と問われれば微妙であると言わざるを得ません。


これはWindowsVista以降で標準になったら新しい文字の入力方式に、
FFXIが対応していないことによります。


よく言われるのが文字抜けと呼ばれる現象で、
変換を確定せずに次の文字を入力していくと、最初の文字が抜ける不具合です。


例えば「明日も良い天気でしょう」と入力したいとするとき、
明日も_良い_天気_でしょう の_の位置などでだいたい変換するかと思いますが

明日も_おい_えんき_えしょう のようになってしまいます。


詳細については下記のページが参考になるでしょう。
FF11:Windows7、日本語入力のバグ問題(入力文字抜け落ち)ページ|無限の翼
FF11:Windows7、日本語入力のバグ問題(入力文字抜け落ち)その2ページ|無限の翼
FF11:Windows7、日本語入力のバグ問題(入力文字抜け落ち)その3ページ|無限の翼


他はとりあえず問題ないので、即座に思い浮かぶ解決方法としては、
変換したら必ずちゃんとエンターキーで確定してから続ける、というものですが…

普段からこのように打ち込んでるなら兎も角、ひっじょおおおおおおにイライラする。



それに業を煮やした人が作ったFFIMEなるツールがあるので、
厳密には規約違反になりますが使ってしまいましょう。
(上記のブログでは駄目だった、と書かれていますが、はて…?私は普通に使えます)

どうせデータの通信を行ったりはしませんし
ゲームのプレイに直接関係はないのでおそらく問題にはならないでしょう。
もしJail送りにされるような問題になるならゴネた挙句さっさと辞めます多分。
(入手方法はググってネ)



なお、XPでGoogleIMEを使う場合もこの文字抜け問題が発生するので、
このツールを使うことで緩和することができます。


■FFIMEって?
これは、変換が確定されないならもう1文字打ち込んでしまおうというツールで
変換の次の入力は2度行われます。

あまりにも高速な入力に対しては一文字余分に入力されたりするようですが
無いより遥かにマシということで。



以下はWin7+GoogleIME+FFIMEという環境でのことです。


■GoogleIME+FFIMEの環境でのバグ?
●半角英数モードで打てない
GoogleIMEでは半角英数の時打てません。何も。
FFIMEがどうこうとかいう問題以前なので、全角入力モードでそのまま打ってF10キーを押しましょう。
面倒ですが。

・半角英数しか打てないフィールドは?
半角/全角キーを押して全角モードにする→1文字入力する
→何故か半角モードに戻されるのでもう一度半角/全角キーを押す→……

半角英数しか打てないフィールドなんて、マクロの名前ぐらいなんで我慢してます。


●あまりに早く入力すると余分に打たれる/文字が抜ける
GoogleIMEだと変換がもっさりすることがたまにあるので余計目立ちますが
よほど普段から入力が早いとかでなければ滅多にないので、戻って打ちなおしてます。



多分、これで大丈夫かと。
結局WinXPでないならどこかしらで妥協が必要です(´・ω・`)


■FF上でGoogleIMEのサジェストを使いたい
サジェストのTabとFFのTab変換のキーがバッティングしているので、
GoogleIMEのキーバインドを変更することでFF上でも予想変換を使うことができます。
当然FF中だけというわけにはいきませんが……。


やり方は、IMEのプロパティから、GoogleIMEのプロパティを開ます。
次に一般タブの中のキー設定の選択の項目をカスタムに変えて編集を押します。

するとキー設定のウィンドウが開くので、
先に編集ボタンを押して定義済みキーマップのインポートから好みの入力方式を選びましょう。

すると、色々出てくるので、入力キーが Tab になってる項目がいくつかあるので
好みのキーに差し替えてください。
(使って無ければ無変換キーあたりがオススメかな?)

こうすることでFF上でもサジェストが使えます。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
TwitListReg - リスト一括登録Webサービス
http://twitlistreg.jpn.ph/

ここ最近PHPやらTwitterのAPIやら独自に勉強して、
TwitterのIDからリストに一括で登録するWebサービスを作ってみました。

ログインしたあと、自分の作ったリストとテキストエリアが表示されるので
登録したい人のアカウントを1行に1個ずつ書いて送信ボタンを押すとすべて登録できます。


トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
唐突にPHPが触りたくなって、PHPの環境つくるところからやろうかということになったのですが
phpinfoすら表示させれなくてこれはなんだろう?と。

エラーメッセージは

Security Alert! The PHP CGI cannot be accessed directly.


This PHP CGI binary was compiled with force-cgi-redirect enabled. This means that a page will only be served up if the REDIRECT_STATUS CGI variable is set, e.g. via an Apache Action directive.

というもの。
force-cgi-redirect?と思ってphp.iniを探したものの見当たらず。


php.ini には cgi.force_redirect になってるのは罠だと思う。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
うっかりリンクを切らしていたので別の場所にアップロードして再掲。
リンク切れてたら教えてネ


Windows Live! Messenger 用拡張プラグイン、StuffPlug 3.5.590の
日本語ランゲージファイル作成しました。

誤訳満載の可能性あり。利用は自己責任で。

StuffPlug 3.5.590用日本語ランゲージファイル
http://dl.dropbox.com/u/1173395/StuffPlug_JpnLng35590.zip

StuffPlug 3.5 for Windows Live Messenger 8.5 And 9.0

・URLをデフォルトのブラウザで開く
(受信メールをFirefoxやスレイプニルなんかでも開けるのはこれだけ?)
・多重起動を有効にする
・ファイルの転送制限解除(.exeとか.batとか)
・顔文字の制限解除(デフォルトだと1回のメッセージにつき5個までらしい)
・一度に送信できるメッセージの上限を5000文字に(全角2500文字)
・タイムスタンプのカスタマイズ
・チャット内専用の名前を使う
・相手の状態に応じてタスクバーのアイコン変更
などの機能をウィンドウズライブメッセンジャーに追加することができます。
(設定でそれぞれ有効/無効が指定できます。)


StuffPlug公式サイト
http://www.stuffplug.com/
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
結論:
undefined reference to `__glutCreateWindowWithExit'
undefined reference to `__glutCreateMenuWithExit'
undefined reference to `_imp__glClear'
undefined reference to `_imp__glTranslatef'
・・・とかのあたりのエラーでコンパイルがコケるときは
GL/gl.hをincludeしてなければやっときましょう。

というかGLUTじゃなくてfreeGLUTをインスコすればいいらしい。



授業でOpenGLを扱うようになりました。
授業の推奨環境はUbuntuなんですけど、Windows好きなもんでMingwでコンパイルしたいと。

しかし各種インストールガイドを見てもどうにも上手く行かなくて
どうしたんだろうと思って glut.h の中身をみて愕然としました。

冒頭ほうのマクロのあたりで、Windows環境で、"且つ GL/gl.h がincludeされている時のみ"
windows.h をincludeするという設定になっているではありませんか。
そんなわけで windows.h か GL/gl.h をincludeすれば上のエラーは消えるようですよ。


freeGLUTのインストールがコケてるぽい時は
Using GLUT with MinGW
からGLUT-MinGW-3.7.6-6.mp.zipをダウンロード
解凍するとGLUTフォルダが出てくるので、中のincludeフォルダとlibフォルダをMinGWのフォルダへコピー
glut32.dllを自分がコンパイルしたプログラムと同じフォルダへコピー

The freeglut Project :: About
からfreeglut-2.6.0.tar.gzあたりをダウンロードしてきて
中のincludeフォルダをこれまたMinGWのフォルダへコピー

これで動くんじゃないかな?

トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
Windows7になって、タスクバーにマウスカーソルを持って行くとプレビューが表示されますが
そもそもプレビューしてもらわなければどんな操作を行っていたのかわからないなんて
ずさんな管理はしてないよ、という人にとってはぴょこぴょこするだけ邪魔です。

他にも、タスクバーの右クリックメニューがジャンプリストとやらになっておりまして
こいつ自体は別にインターフェースがちょっと変わったぐらいかと思ったのですが
さりげに各項目に対するキーアサインが消えているのが困りました。

具体的には右クリックしてCかXあたりを押すと
大体閉じるのショートカットになっていますから
タスクバーから終了させたい時に
は右手と左手の交互の操作のが早かったのに、という次第です。


なんとかならないものかと探していたら、
どうやらサムネイルはWindows7の根底に関わる実装のようで
たとえAeroプレビューを有効にするのチェックを外すだとか、
Windowsのテーマをクラシックに変えるだとかということをしても
小さくタイトルのポップアップが表示されてしまうだとか、そんな様子でした。


しかし、常駐ソフトでなんとかできるようです。


RaMMicHaeL's home page
『7 Taskbar Tweaker』でWindows 7のタスクバーをより使いやすく! : ライフハッカー[日本版]

これを使えばタスクバーのプレビューを無効化したり
メニューをジャンプリストを無効にして往来のものにすることができます。

他にも、同じソフトでグループ化されてしまって、
別のアプリがタスクバーの並び順的に間に割り込めない件や
タスクバーにファイルをドロップするとピンされる件なども設定可能です。
これから手放せない感じになりそう。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
最近オンラインで公開されてる小説をしばしば読んでみたりして、
その中でもお気に入りの作品はiPhoneで読みたいな、と思ったんですよ。

もちろん、大体Webページで表示されてるものですから、
普通にブラウザで読んでもかまいません。

ですが、PC用に作られたページであることがほとんどで
拡大縮小を繰り返さなければならなかったり、
横書きでも左右のスクロールを繰り返さなければならなかったりと
微妙に不便だな、と。


そこで今日はText2ePubっていうのつかってみました。

ソフトさえ知っていれば使い方は簡単。
ただのテキストをこのソフトを使って変換してやれば、電子書籍のできあがり。


iPhoneで読むには私はStanza for iPhoneを使ってます。
作成した.epubファイルを適当な方法でオンライン上において、Stanza上でダウンロード。

この時Safariで一度ファイルへのアドレスをコピーしておくと便利です。

epub
iPhoneで表示してスクリーンショットをとるとこんな感じ。
ePubはPDFなんかと違ってフォントのサイズや横幅をリーダーが適宜変更できるので、小説なんかには向いてますね。

書籍内での章分けなんかはこのtext2epubだけではできませんが、
読むだけならかなりいいかも。

トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
自宅鯖として動かしているUbuntu機でLAMPP(ォィ)とDiCEの自動実行がさせたくて
かといってUbuntuのシステム→設定→自動起動オするアプリからではroot権が与えられない?みたい。
色々とググってみたもののなかなか上手くいかず、ようやく出来た頃にはなんだか外が明るい体たらく。

でもってやり方をば。

/etc/rc.local

こいつをsudo付けたテキストエディタで開いてやって
直接実行したいコマンドを書いていく感じ。
もちろんコメントアウトされてないところにネ。
ターミナルで以下のように入力

sudo gedit /etc/rc.local

開いたエディタの画面で

#By default this script does nothing

の下に、今回はLAMPPとDiCEを自動実行させたいので

/opt/lampp/lampp start
/usr/local/bin/DiCE/diced -l -d

てな具合でコマンドを1行ずつ書き足して、最後は

exit 0

で終わってればおk。(もとからある)
本当Lynxは「設定できるけど設定の仕方がわからない」なぁ
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
普通気づくだろって感じですが、iPhone用Twitterアプリついっとばーどで設定を変える方法。

画面左上の所をタップしてユーザープロファイルまで戻ると、
画面右下の新規ツイートのアイコンが設定に変わってます。
これです。

それに長いこと気付かず偉い苦労しました(´Д`;)



ちなみについっとばーどは表示テーマをBlackにすると
ついーと画面で全文消去ボタンなどを押すのに2ステップ必要になるので
うっかり操作ミスして(´・ω・`)なんてことがほぼ無くなる上に
自分が140文字中あと何文字打てるのかもわかるので便利です。


トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
サンダーバードのサイドバーにアドレス帳を表示させてみようかと思いました。

しかし、デフォで入っている(と思われる)xSidebar for Thunderbirdアドオンを使うと
フォルダペインのさらに左にペインが1個増えてそこにアドレス帳が表示されてしまいます。

なんとかならないの?と思ってググってみると見事見つけました。
Contacts Sidebar Japanese Translations
http://www.geocities.jp/chimantaea_mirabilis/contactssidebar/



このアドオンを入れることでアドレス帳がフォルダペインの下に表示できるようになるらしいぞ!
ということで早速導入。したもののやっぱり横にペインが増えるだけ。

なんで?と思っていろいろ試してみたところ、xSidebar for Thunderbirdプラグインが元凶だったらしく
アドオンの管理からこいつを無効にしてやればバッチリ希望通りの挙動になりました。



トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
私がしばしばお世話になっているスレのひとつに
「下手だけどお絵かき実況」というスレッドがあります。

他の実況スレはほとんど見ないのでよく分かりませんが
このスレにはちょっと変わった風習があるようです。

それは、複数実況の同時視聴OKというもの。(というかむしろ推奨?)


頻繁に実況者同士の会話も行われるなど、スレの様相はいい意味でフリーダムで
これは視聴者も是非複数の配信を一度に見たいものです。

しかしそうなると切実な問題が。
複数の配信を同時に視聴するとなると、
人数によってはどうしても画面が埋まってしまうのです。


そこで私がお勧めしたいプレイヤーがGOMプレイヤーと
省スペースを極めた同スレ住人でもある庭師さんの
まさに「住人による住人の住人のための」スキンであります。

(↑いつぞや描いた絵でスクリーンショット撮影。無駄の無いデザインがわかる)





配布元:庭師の伝説 ~夢を見る芝~/庭師さん


(自宅鯖なので繋がらないときは後日アクセスするといけるかも。
 スキンはサイト左上のN D P Sと並んでいるタブのようなもののなかから
 Sのページを選ぶと各種スキンのダウンロードページです)

ここで配布されているゴムプレイヤー用のスキン、
「MUTEX」「unconscious」は可能な限りスペースの無駄を廃し、
その上で必要な機能はコンパクトに収納されています。
もちろん、実況用スキンというだけあって「URLを開く」のもワンタッチ。
わざわざメニューからURLを開くを選択する必要はありません。

氏のサイトの事情からアクセス過多とか大丈夫かしらと尋ねたところ
「大丈夫」「むしろスキンに癖があるから操作方法とか説明してくれない?」
と仰って頂けたので無駄に丁寧に解説したいと思います。


■なんかたくさんあるけどどれ選んだらいいの?
Gomプレイヤー用のスキンはページの上の方にある「MUTEX」と「unconscious」の最新版です。

基本的な機能はいずれも同じものなので
スクリーンショットを参考にお好みのものを選ぶのがいいと思います。

unconsciousの方はすべてのボタンが同じアイコンなのでスタイリッシュな反面
どのボタンに何の機能が割り振ってあるのか視認しずらいという面もありますが
そもそもボタンの数が少く、カーソルを重ねればすぐさまツールチップが表示されるので
実際に使い出してみるとあまり気にならないでしょう。


■スキンのたぶん一番楽なインストール方法
ダウンロードしたzipファイルを解凍してください。
Gomプレイヤーを起動して、MUTEX.gps、unconscious.gpsをプレイヤー上にドラッグしてください。

これでただちにスキンのインストールが完了し、さらにドラッグしたスキンが適用されます。


■このスキンの使い方
ReadMeにもあるとおり、プレイヤーの下端にこのスキンで使える全ての機能が集約されています。
それぞれのボタンはカーソルを重ねてツールチップをみればすぐに分かりますが、
MUTEXでは左側の3つのボタンを左クリック/右クリックした時の機能は
「URLを開く/再生」「プレイリスト/停止」「キャプチャ/キャプチャの設定」となっており、
さらにその横に「ミュート」機能のあるボタンがあります。

右側には「0.5倍」「1.0倍」「1.5倍/2.0倍」「最小化」のボタンがあります。

中央部では音量がコントロールできるほか、
さりげなく普通の動画を再生した際には下半分でシークできるようにもなっています。

unconsciousのボタンはキャプチャ系のボタンが無くなっているなどの微妙な違いがありますが
ほとんどの機能も配列もが同様です。詳しくはツールチップを見て確認してください。

なお、MUTEXスキンのほうには1ファイルで複数のスキンがパッケージされています。
右クリックメニューの「スキンの選択」の項目にMUTEXだけでなく
「MUTEX Ghost」「MUTEX White」もあるのがわかるかと思います。

ゴースト版はモニターの焼付き防止のため、
スキン下端の部分にマウスを持っていくまでボタンは隠れたままとなっており
白版は黒版のゴシックな感じから一転、
可愛らしいキャラクターとアイコンとなっており必見です。



●余談 GOMプレイヤーの多重起動法
GOMプレイヤーはそのままでは複数起動することができませんが
右クリックメニューの中にある環境設定をクリックし
一般タブの「Gom Playerを複数起動する」にチェックを入れることで
多重起動することができます。
トラックバック:0 | Page Top↑
はじめまして
スキンを再度手に入れようと思い氏の鯖にアクセスしようと思ったのですが、落ちたままでスキンを落とせないでいます
もし二次配布が可能でしたら、頂けないでしょうか?
厚かましいお願いで申し訳ありません。
by名も無き放浪者

遅くなって申し訳ありません。
庭師さんに尋ねたところ移転していたようで、単に私がそれを追えてなかっただけのようです。
リンク先を修正したのでそこからダウンロードできるかと思います。
by人出梨



パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
自分がメインで使っているテキストエディタはTeraPad。

加えてWindows標準のNotePad.exeをTerapper.exeと差し替えて
どんなときもメモ帳の代わりにTeraPadを使えるようにしている。

のだけど、ブラウザでテキストエリアの入力をするとき
(ブログの更新とかで)威力を発揮するAreaEditorを使うと
なぜか二回目以降の保存が反映されないという現象に遭遇。

しばらく仕様なのかと思っていたのだけど、気づいたらなんてことはない
AreaEditorの指定している実行ファイルがTerapper.exeだったため
AreaEditor→Terrapper→TeraPad という経路はうまくいっても
TeraPad→Terrapper→AreaEditorとは伝わらないというわけ。

AreaEditorのメニューの編集から、直接TeraPad.exeを指定してやれば
たとえタブブラウザでタブを変えても問題なく動作する模様。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
Warcraf3のリプレイファイル形式である.w3gファイル。

デフォルトでは開くとそのままWarcraftが起動してリプレイを再生してくれるのだけど
海外製のリプレイ解析ツールによっては勝手に関連付けが書き換えられてしまい
右クリックメニューからリプレイを再生できなくなったりするのでメモ。


コマンドライン引数に -loadfileと続けてファイルパスを送ってやると
リプレイから再生できる模様。

Warcraft3のリプレイを再生
"C:\Program Files\Warcraft III\War3.exe" -loadfile "%1"

下線の箇所はWarcraft3をインストールしたフォルダにより異なります。


オマケ:ウィンドウモードでWarcraft3のリプレイを再生
"C:\Program Files\Warcraft III\War3.exe" -loadfile "%1" -windows

多分これでいけるハズ。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
メールの送信者の名前は通常メールアドレスを作った人が決めます。
メーラーが送信者の名前を表示する場合には、その名前を表示します。

しかし、日本で広く普及している携帯メールではこの送信者名を決めることができません。


結果としてパソコンのメーラーで携帯メールを受信した場合には
相手のメールアドレスが直接表示されてしまい,誰からのメールか分かりにくい、という現象が起きていました。


それを解決してくれるのがThunderbirdのAdd onのひとつ、Sender Nameです。
Sender Name :: Thunderbird Add-ons

このアドオンをサンダーバードにインストールすると「表示名」というカラムが増え、
受信トレイに自分の入力したアドレス帳の表示名から名前が出力されるようになります。
(なお、PCからのメールのように相手が予め送信者を設定しているメールについては
 カッコの中にその送信者名が書かれていて、アドレス帳にないことが一目でわかります。)


このアドオンを導入することで、携帯メールの扱いだけでなく、
ローマ字や英語等で入力された送信者の名前なども、自分の見やすい名前が設定できて非常に便利です。



このアドオン、私は今日見つけたんですが実は去年あたりからあるんですね(´ω`;)

現在のver 0.2では「表示名」カラムの横幅や位置を記憶してくれないのが少し残念ですが
デフォルトの「送信者」カラムの代わりに使っていきたいと思います。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
IEでProxy.pacを使用して特定のサイトにのみ串を刺す場合、
それ以外の
return "DIRECT";
で串を介さず接続するサイト全てがイントラネット扱いになる件について。

直し方はIEオプションの
セキュリティ→イントラネット→サイト
→『プロキシサーバーを使用しないサイトをすべて含める』のチェックをはずす

これで正しいゾーン設定でブラウジングができます。


unDonutで全部一括でNicoCache_nl→オミトロンを経由して接続していたのですが
実はNicoCache_nlの起動に初期設定など微妙な間があるんです。

その間にページを開いてしまうとページが表示できなくなってしまうので、
Proxy.pacを経由することで対応しようとしたところこの問題が起きてしまいまして…。

それだけなら大して困らないのですが、どういうわけかunDonutのユーザースクリプトの一部が
「アクセスが拒否されました」というエラーでイントラネット接続のページで動作しないようで参りました。
(セキュリティのユルいイントラネットでJavaScriptが動作しない理由は何なんだろう)

原因の特定から直し方まですごい手間かかった(´Д`;)
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
Webサーバーの設置はなんとなく難しい印象がある。

実際、有名なソフトであるapatchあたりは沢山の事ができる反面、設定に丸一日かかったりするらしい。
しかし、Webサーバーを簡単に設置する、という事に目的を絞ったソフトも中には存在するのだ。

04WebServer : パーソナルWebサーバ
http://www.soft3304.net/04WebServer/


このソフトは個人利用向けHTTPサーバーということもあって
FTPサーバーやメールサーバーを設置することはできないものの設定方法は他と比べかなり簡単。

留意すべきは公開するディレクトリの設定ぐらいのもので、
(必要ならポートを開放し)設置が終われば http://自分のIP/ で誰もがアクセスできる。

単に設置するだけならこれだけでできるにも関わらず
必要なら別途CGIを導入することさえできてしまうなど、
ポテンシャルもなかなか高い良いソフトだといえるだろう。


余談だがSkypeをデフォルトの設定のまま起動しているとポート80を占有しているので
Skype側の使うポートを適当に変更してやる必要がある


ちなみに私にとってこのソフトとWebサーバーが一番力を発揮するのは
自分の別のPCや友人へのファイルを渡す時である。

メッセンジャー等からでも送れるが、クライアントによっては転送に時間がかかったり、
大きなファイルでは途中で転送エラーが起きると最初から送りなおしになることも少なくない。

しかし自宅Webサーバーなら速度に制限をかけるのは自分と相手の回線速度のみ。
転送エラーは相手にレジューム付きダウンローダーを利用してもらうことで
一応回避することができるのが強みとなる。


この用途の場合、IPを知る者が誰でもアクセスできると少々困ってしまうが
その解決方法としてルートディレクトリは404にしておき、
別に公開用のディレクトリを作ってやることで対処している。

用途別に公開用ディレクトリを複数作り、
必要な時に相手にディレクトリパスを含めて教えてやれば
インデックスリストの生成を許可する設定でも問題ないだろう。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
ファイルへのリンクが切れてたので再掲しました (2010/12/08)
http://chaoticalways.blog85.fc2.com/blog-entry-871.html



Windows Live! Messenger 用拡張プラグイン、StuffPlug 3.5.590の
日本語ランゲージファイル作成しました。

誤訳満載の可能性あり。利用は自己責任で。

StuffPlug 3.5.590用日本語ランゲージファイル

StuffPlug 3.5
・URLをデフォルトのブラウザで開く
(受信メールをFirefoxやスレイプニルなんかでも開けるのはこれだけ?)
・多重起動を有効にする
・ファイルの転送制限解除(.exeとか.batとか)
・顔文字の制限解除(デフォルトだと1回のメッセージにつき5個までらしい)
・一度に送信できるメッセージの上限を5000文字に(全角2500文字)
・タイムスタンプのカスタマイズ
・チャット内専用の名前を使う
・相手の状態に応じてタスクバーのアイコン変更
などの機能をウィンドウズライブメッセンジャーに追加することができます。
(設定でそれぞれ有効/無効が指定できます。)


StuffPlug公式サイト
http://www.stuffplug.com/
トラックバック:0 | Page Top↑
使わせていただきます。
by名も無き放浪者



パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
IE6やIE7をはじめとして、IE系コンポーネントブラウザは
Javascriptの処理が(特に文字列を扱う処理において顕著に)苦手という特徴があります。

この件については開発元のMSも認知していて
現在ベータ版が公開されているIE8については相当改善されています。

しかしながらIE8は何かと不安定らしく、実用に足るものではないそうです。


そこで、IE6,7のJavaScriptの処理を
IE8と同じエンジン?で処理することで高速化する方法を見つけたので引用させていただきます。
行う方は全て自己責任でお願いします。



引用元
Sleipnir(Trident)でJavascriptの実行速度を高速化できる裏技 Sleipnirist ☆Sleipnirで快適ネット生活☆


1.MicroSoft公式から、IE8のベータ版のインストーラーをダウンロードしてくる。

2.インストーラーを実行しないでアーカイバ(解凍ソフト)で中身を展開する。

3.中に入っているjscript.dllを取り出し、
  元のjscript.dllをバックアップした後セーフモードで再起動し
  windows\system32\jscript.dllに上書きする

4.再起動


たったこれだけですが、例えばNicoCache_nlのリスト生成など、目に見えて早くなるかと思います。


IE8bate1よりbate2のjscript.dllを使うことでさらに高速化できる模様。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
ストリーミング配信で回線の細い人を支援したり
あるいはWMEよりも簡単に人数調整をするためのソフトとして
Kagami.exeは非常に有名である。
しかしこれは開発の途中で中断している未完のソフトであり
設定の保存機能が無いなどの欠点があった。

そこで勧めたいのがこの鏡置き場ツール かがみんv2である。

鏡置き場v2 - PukiWiki
http://kagami.homelinux.net/index.php?%B6%C0%C3%D6%A4%AD%BE%ECv2


このソフトは鏡置き場ツールかがみんv1からのリメイクであるが
デフォルトでは鏡置き場としての簡易Webサーバーを構築しない等
むしろKagami.exeの機能を拡張したという性格の方が強いように思える。
また左リストを閉じた時のインターフェースや操作感も
使い慣れたKagami.exeのそれと似ていて好感がもてた。
現在のところ未だベータ版であるが、頻繁にバージョンアップされており
乗り換える価値の十分にあるソフトではないかと思う。


それでは実際にKagami.exeと比較してどのような機能が増えたのか
その一部を紹介しようと思う。(v2bate11時点)

■ひとつのかがみんで複数の鏡を出せる
一つの鏡を出している最中でもエクスポート用のポート番号を変えることで
別のURLの配信の鏡を出すことができる。
これで複数の鏡を起動する必要もない。

エクスポート用のポートは予め複数登録しておくとドロップダウンリストから選べるほか
鏡を出している最中のポートは左パネルから確認できる。

■Kagami.exe、かがみんからの接続優先
鏡をしてくれる人が現れても、既にビジー状態ですぐに接続できない状況が散見されるが
これらの機能を有効にしておけばKagami.exeやかがみんからの接続は
空きがあれば自動的にリザーブ接続となるためすぐにすぐに接続できるようになる。

この機能のため、回線の細い人のミラーとしての利用方法だけでなく
人の多いスレの配信者や回線の細い配信者にも積極的に導入を勧めたい。

■ブラウザ表示の有効
ブラウザから鏡のURLにアクセスした場合、エラーページが帰ってくるだけであったが
現在のビットレートや接続人数/最大人数、子鏡の情報などを見ることができる。

■TrayTip表示
ONにしておくとインポート接続に変化があった場合バルーンチップで知らせてくれる。
実際にはタスクトレイに入れている時にしか表示されないので
自分で鏡を出している時は切断時の自動通知以外はほとんど見ないだろう。。
(鏡置き場としてWeb公開している場合は別)

なお、独自バルーンではなくWindow標準のバルーンチップなので
Windowsの設定で無効にしちえると表示されないので注意が必要。

また自動通知とは別に、アイコンにマウスカーソルを重ねると
各ポート毎の接続しているURLと現在接続している人数が
バルーンチップとして表示されるようなる。
接続人数が気になる人はチェックだ。
(OFFにした時に表示されるツールチップには人数が表示されない。)

■帯域制限
予め自分の上り回線の速さを入力しておけば
接続可能人数を自分で入力することなく
接続した配信のビットレートから最大人数を自動で割り出し制限してくれる。

複数の鏡を出している場合は全ポートでその制限を越えないようにもでき、
バッファ遅延でまともに見れないという自体を回避するのに非常に役に立つ。

■鏡置き場としての機能
鏡置き場ツールかがみんv1のリメイクであるため、当然鏡置き場としての機能を有している。
これについては配布元のWikiに詳しく書いてあると思うのでそちらを参照してほしい。

■その他の細かい調整
大きく機能として挙げられるのは上記のようなものだが
それ以外にも細かな点でKagami.exeよりも便利なものとなっている。

例えば接続した時や切れた時の音は鳴らなくなっていて
切れた時の音で驚くなんていうこともなくなったし
自動再接続の機能も追加されて回線の不安定な配信の鏡も楽になった。
またキックやリザーブのIP登録もコピー&ペーストで登録できるようになった。

これらのように痒いところに手が届く、素晴らしいソフトだと言えるだろう。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
【2chブラウザ】 実況向き 「NicoNico2ch」 Part1
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/software/1203942012/

配布サイト
http://www.geocities.jp/oreno_garakutaokiba/

2chのスレのレスを小さいウィンドウやニコニコ動画で流れるコメントのように表示できる2chブラウザ。
今後Ballooのバルーンのように表示できるようにもしたいとか。
現在アルファ版(ベータの前)ですが結構な頻度で更新されているので結構期待。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
無いと困るんだけど邪魔にならないようにできないかと
非常に疑問なのがIME2002の言語バーだ。

IME2000の時にはタスクトレイに現在の変換モードのみを表示する設定があるのだが
WindowsXPで標準搭載されている2002からはこのオプションは消えている。
思わず「何してんの?」と言いたくなる仕様変更のひとつだろう。


15インチのモニターでこれだけの領域を取られるのは困る。
タスクバー上に配置しなくてもいいがそれはそれで邪魔だ。


ImeWatcher - Free Software!
そこで紹介するのがIME Watcher。
IME2002の変換状況を監視してタスクトレイから表示してくれるほか、
タスクトレイのアイコンから主要なIMEの機能を簡単に開くことができる。

画面の領域で困っているつーかIMEツールバーがウザい
なんていう人はこのIME Watcherを入れてみてはいかがだろうか。
(上の写真でタスクトレイに表示されてるIMEっぽいアイコンがそれ。)


レジストリは不要で起動するだけで監視しはじめるので
スタートアップに登録して使っている。

これさえあればIMEツールバーはもう不要。
IMEツールバーの設定からバーをデスクトップ上に表示するのチェックをはずすこと。




トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
ネットラジオ等を放送する際、
流す曲をリスナーにリクエストしてもらうため使われるリクエスタという類のソフトがある。

自分はその中でWWWinampのGOROH氏改造版を使わせてもらっているのだが
最近のWinampの更新(といっても結構前)以降、
プレイリストが読み込めなくなってしまっていた。


調べるとどうもwinamp.m3uの格納場所がWinampのインストールディレクトリから
C:\Documents and Settings\[user]\Application Data\WinAMPにおかれたことが原因とのこと。


既に報告があったのでいずれくるであるバージョンアップに期待しつつ、
とりあえず現行のWWWinamp Version 3.0.0 beta 1 + JP (Built: Jun 29 2006)+で
この不具合に対処する方法があるので紹介しておく。


WWWinampの wwwinamp.iniを開いて

WinampDir=C:\Program Files\WinAMP\ (デフォルトの場合)
  ↓
WinampDir=C:\Documents and Settings\[user]\Application Data\WinAMP
(太字の箇所は各自で書き換えること)


Winampのインストールディレクトリの指定はwinamp.m3uを指定するためであるため
バージョンアップで移動した先のディレクトリパスに書き換える。

こうすることでインストールディレクトリではなくなってしまったが
winamp.m3uを再び読み込めるようになるので
プレイリストを正しく出力できるようになるわけだ。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
MicrosoftTechNet - Internet Explorer 7 の自動更新による配布

バージョンアップはいいけど強制ってどうなのよっていう話。

XPとIE7は重い、不安定などと相性が悪いとかいう話だし
インターフェースがかなり変わるから強制となるとかなり戸惑うと思うんだけど。

IE7+unDonut+modでもActiveX回りで挙動が少しおかしいとかいう話を聞くし
Sleipnirに乗り換えろということかしら。


IE7ってMSのブログ凸ったらフィッシング詐欺警告でるんだよn
ウィンドウズ開発統括部のブログ、IE7で「フィッシングの疑い」と誤検出
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから

こんな感じ
(自分でSS撮りなおしたよ!)
タスクトレイに表示されているアイコンにカーソルを重ねると
そのソフトの名前であったり、ソフトの状態の説明などといったTooltipsが表示される。
代表的なもので時計に重ねたときに表示される日付がそうだろう。
しかしこれが突然表示されなくなることがあるのだ。

注意深く試ししてみると、アイコンの上端にカーソルを重ねると
ツールチップがほんの少しだけはみ出て表示されているのがわかる。
どうもタスクバーの裏に隠れてしまっているらしいのだ。

この不具合はWinXP固有のものらしい?のだがこれ解決するフリーソフトがある。
それがToolTipsFixerだ。
ToolTipFixer Home - NeoSmart Technologies Wiki(英語)
Download ToolTipFixer 1.0.1 - NeoSmart Technologies(英語)

常駐タイプ。インストールするとサービスとして動作し続ける。
海外のソフトなので配布サイトが英語であるため、
ファイルをダウンしてインスコするまでがちょっと面倒かも。

逆に一度インストールすれば勝手にバグを直し続けるため英語を見ることはない。
というかサービスの管理かタスクマネージャーからプロセス一覧を確認しなければ
起動しているのかどうかさえわからない感じ。

ちなみにメモリを6K食う。




常駐させるなんてヤダヤダヤダ!っていう人は以下の方法をどぞ。
ただしずれもこの問題が起きる度に直すということしかできないため
不便といえば不便である。

■方法1 民間療法その1
スタートメニュー内のプログラムを右クリック
→名前順に並び替えを2回程度行う

直ることがあるらしい


■方法2 民間療法その2
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティを開き、
「タスクバーを常に表示する」のチェックを解除して一度適応する。
その後で再びチェックを入れて適応する。

直ったことがあるが直らなかったこともある


■方法3 ToolTipsFixというフリーソフト使う
Fixing tooltip behind the Windows taskbar - MSFN Forums(英語)
tooltipsfix.rar(←ファイル直リンク)

直る。

起動したらどこかの設定を一瞬で弄ってすぐに自動終了している模様。
クリックしても何も起こらないけど大丈夫?と思った頃には直っているので驚かないこと。


■方法4 レジストリ説
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\
VisualEffects\TooltipAnimation]

"SetWindowPos"="HwndInsertAfter, Hwnd_Top"
"SetForegroundWindow"=dword:00000001

試してないのでなんとも言わない。


■方法5 民間療法その3(2008/03/07追記)
(raven様より情報をいただきました)
タスクバーをデスクトップ画面の左右や上に移動しても直るらしい
現状ToolTipsFixerを使っていてツールチップが裏に隠れないので試せてないけど。

追加情報(名も無き放浪者様より情報を頂きました)
タスクバーを移動すると、ツールチップがマウスの下や左に現れるので
表示が重ならなくなるだけで厳密には直っているわけではないそうです。

いずれにせよツールチップはタスクバーに重ならなくなる問題は解決できるようです。



参考にしたサイト、トピック、スレッド
日記 (2007 年 6 月中旬)
sbox むず痒いパソコン日記/2006/08 - VAIO から BIBLO へ。/ プロバイダ変更。
SEIとーく - 2005年5月
Fixing tooltip behind the Windows taskbar - MSFN Forums
海外フリーソフト紹介スレ Part4

情報提供
raven様
名も無き放浪者様
トラックバック:0 | Page Top↑
画像の無断転載はちょっとね・・・
by名も無き放浪者

はずしておきました(汗
by人出梨

タスクバーをデスクトップ画面の左右や上に移動すると見えるようになりますよ。
byraven

情報提供ありがとうございます~
追記させていただきました。
by人出梨

ravenさんの情報にちと追加情報

・直ってるわけじゃない
右や上に配置するとバルーンの位置が左や下に配置されるため
隠れることがないだけです。
故に治療ではなく、応急処置だと思ってください。
(問題がない場合はそのまま使えますが・・・)
by名も無き放浪者

情報提供ありがとうございます。
追記させていただきました。
by人出梨

民間療法~(今さっき経験した直り方)
・スタートメニューからマイピクチャを開き、左のクイックメニューから共有ピクチャに移動
・フォルダオプションから隠しファイルも表示する設定に変更して、×でウィンドウを閉じる
・スタート→最近使ったファイルをどれか一つ適当に右クリックから削除
・スタート→マイコンピュータを開く
・フォルダオプションから隠しファイル非表示に変更し、×でウィンドウを閉じる
・スタートをクリックして、何もせずにもう一度クリックしてスタートメニューを収める

この手順で直ってました。(意図してやったわけではなく、偶然直ってて、記憶を辿った)
「最近使ったファイル」の削除や、最後の スタートを2回クリック は必要無いかもしれません。
あるいは手順が不足しているかも?(ぉ

ま、手段は多いに越した事はないかと。(^^)ゞ
byAUOooo!

今日また久々になったんで自分で書いた療法を実践しました。
手順の最近使ったファイルを消す所で「なし」だったのでそのままブラウザ内をクリックして閉じ、
マイコンピュータを開いた時点で直ってました!(^^;

はてさて時代はWin7ですか。。こんなバグはもう無いんでしょうねぇ…(´ー`*)XPですがなにか?
byAUOoo



パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
自分がバッチファイル処理でよく使うもの/よく使うコマンドをピックアップ。
全てが乗っているわけではない点に注意。またオプションも全てではない。

複数の処理をワンクリックでできるので
いつも”あること”をする時には2つも3つもソフトを起動する人や
沢山あるファイルの拡張子をまとめて変更する人、
特定の文字を含むファイルだけを移動する人なんかは一度作っておくと
あとでまた同じことをする時に僅かワンクリックで済んでしまう便利さがある。

基本的にコマンドを書き並べたテキストの拡張子を.batに変更し
クリックして起動するだけでコマンドプロント(黒い画面)が開いて処理が始まる
という最高にお手軽なプログラミングだと思われる。

自分ができるのはせいぜいソフトの起動/終了とファイル、ディレクトリの操作のみだが
まとめてできるので非常に長方しているのでピックアップしてみた。


■メモ
ファイルパスは相対パス、絶対パスで指定できるが
どちらも/を使ってはいけない。(\を使う)

基本的に正規表現はワイルドカードぐらいしか使えない。
ファイル名の指定にワイルドカードとして?と*を使うことができる。
けど正規表現っていうのか、これ。


■ワイルドカード
? 全ての文字1つに一致
* 全ての文字列に一致


■copy [元ファイル] [先ファイル]
ファイルをコピーする
/y 上書きを確認しない


■dir
フォルダの中身を表示する
dir >[ファイル名]とすることで表示結果をテキスト化できる
/b フォルダ名とファイル名だけの形式で出力する
/s サブフォルダとその中身も表示する


■del [ファイル]
ファイルを削除する
/s 指定ファイルをサブフォルダからも削除
/f 読み取り属性が付いていても問答無用
/q ワイルドカード使用時に確認しない

■md [フォルダ]
空のフォルダを作る。mkdirでもOK

■rd [フォルダ]
delではファイルを削除できないためフォルダを削除する時に使う

/s 指定したディレクトリとそのディレクトリに含まれるサブディレクトリやファイルをすべて削除
/q /sオプションを指定してディレクトリを削除する前に、確認メッセージを表示しない(QUIETモード)

■move [元ファイル] [先ファイル]
ファイルを移動する
別のフォルダに移動する場合は\\で終わってはいけない。

移動先に移動元と異なるファイル名および、ディレクトリ名を指定すると、
ファイル名・ディレクトリ名を変えることができる。

/y上書きを確認しない


■ren [元ファイル] [先ファイル]
ファイル及びフォルダをリネームする
名前を変更した上で別のフォルダに移動することはできない

moveと違いフォルダのリネームができる他、ワイルドカードに多少強い気がするが
複雑なリネームは適当なリネームソフトを使わないと後悔することになると思われる。


■tree
フォルダをツリーで表示する
tree >[ファイル名]
とすることでテキストに出力することができる

/f ファイルも表示する

tree.batが同一フォルダにあるとそっちに処理がもってかれる

■pause
キー入力があるまで処理を中断する。
batファイルの場合処理が全て終わるとコマンドプロントが閉じてしまうため
自分の組んだプログラムがどんな処理をしているのか目で確認する際に使う。
個人的にはプログラムが完成したらウザいということで消されるコマンド。


■rem [コメント]
remで始まる行には何を書いてもエラーにならないし
コマンドプロント上にも表示されない。
[2010/10/21追記]@echo off してないと思い切り中身も表示されるっぽい

■xcopy [元フォルダ] [先フォルダ]
フォルダごとコピーする
xcopy.batが同一フォルダにあるとそっちに処理がもってかれる

/s 空の場合を除いて、ディレクトリ・サブディレクトリをコピー
/exclude ファイル名1(+ファイル名2...)
 特定の文字列が記されたファイルを指定。
 記された文字列とファイル名の一部が一致した場合、そのファイルはコピー対象外。
/e ディレクトリ・サブディレクトリが空でもコピー。
  /sオプションが同時に指定されたとみなす。
/h 隠しファイル属性や、システムファイル属性のファイルもコピーする
/r コピー先に同名ファイルがあり、読み取り専用属性が設定されていても上書きを許可する
/y コピー先に同名ファイルが存在する場合、上書き確認をしない


■echo [[on | off] [メッセージ]]
on コマンドプロントの画面上に表示する
off 表示しない

@on、@offを指定するとずっとその状態。
改行したい場合は
echo.


■start "タイトル" [ファイルパス]
プログラムを起動する
実行ファイル以外を指定した場合関連付けで開かれる

タイトルはコマンドプロント形のプログラムの場合そのタイトルで起動できる
省略できるがファイルパスにダブルクオーテーションを使う場合省略できなくなる。

/min 最小化して起動
/max 最大化して起動
/wait 起動したソフトが終了するまで次の処理を待つ

処理優先度
/LOW ・・・ IDLE優先度クラスで実行
/NORMAL ・・・ NORMAL優先度クラスで実行
/HIGH ・・・ HIGH優先度クラスで実行
/REALTIME ・・・ REALTIME優先度クラスで実行
/ABOVENORMAL ・・・ ABOVENORMAL優先度クラスで実行
/BELOWNORMAL ・・・ BELOWNORMAL優先度クラスで実行


/waitで処理を待たせておいて、そのソフトを終了したときに
一緒に起動したほかのソフトもtaskkillで終了させるといったこともできる。


■call [ファイル名]
別のバッチファイルを読み込んで処理する


■cd [フォルダ名]
カレントディレクトリを変更する
多くの処理はカレントディレクトリから相対パスで処理を行うため
実行するソフトによってはカレントディレクトリから実行してあげないと
処理が上手くいかなくなる子がいる。


■taskkill /f /im [プロセス名]
Windows XP HOMEではそのままだと実行できないので擬似ファイルが必要
taskkill簡易版(WindowsNT/2000/XP/Vista / ユーティリティ)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se401845.html
taskman.exeをbatファイルと同じフォルダか、Windows\System32\あたりに放り込めばOK。

/f/im に続けて実行ファイル名を指定することで
タスクを強制終了することができる

本当に強制なので設定が保存されなかったりもする

taskkill /f/im iexplore.exe
みたいな感じ


■choice "メッセージ"
Windows XP HOMEでは?そのままだと実行できないので擬似ファイルが必要
choice.com and choice.exe(Windows95/98/Me / ユーティリティ)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se349380.html
choice.exeをbatファイルと同じフォルダか、Windows\System32\あたりに放り込めばOK。

続けてIFコマンドを使うことで
キー入力を求めてYなら~を、Nなら~をという風に分岐できる。

/c [キー] 求めるキーを変更できる。デフォルトでは YN

先頭の選択肢から順にエラーレベル1,2,3...という処理が帰ってくる。
このとき上位のエラーレベルは下位のエラーレベルも実行してしまうので
下位のエラーレベルの処理から書かないと先に書いた処理が実行されてしまう。

例↓
choice /c:NDE "選択してください"
IF ERRORLEVEL=3 goto EotA
IF ERRORLEVEL=2 goto DotA
IF ERRORLEVEL=1 goto Nor




■IF
処理を分岐できる
この辺までくると真面目にプログラミングっぽい

IF [NOT] ERRORLEVEL=番号 コマンド
IF [NOT] EXIST ファイル名 コマンド

choiceを使う場合はchoiceの奴参照
EXISTでファイルがあるときの処理を指定できる。
NOTを入れると~~でないときの処理になる。

ELSE節 IF節のコマンドに続けて「ELSE」キーワードを指定し,
指定した条件が偽であるときのみ実行されるコマンドを指定できる。
    ELSE節はIFに続くコマンドと同じ行に記述する。

一行に収まらないときはgotoコマンドを使う


■goto [ラベル]
通常上から下への一方通行の流れのところで
このコマンドを使うことで指定したラベルの箇所から処理を再開する。

ラベルは↓の用に指定する。
:文字列

:test
goto test

なんてしようものなら処理が永遠にループする。





参考にしたサイト
コマンドプロンプトを使ってみよう!
http://ykr414.com/dos/index.htm
ITpro 総合トップ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/index.htmll



厳密にはcopy,del,move,ren辺りだけでも結構便利。
ひとつの作業をするとき複数のソフトを起動して、
終わったらまとめて閉じる、というときは
startで起動して最後に起動するソフトを/waitオプションで処理を停止、
最後に起動したソフトを終了したら
続けてtaskkillコマンドで止めるといった利用法もあるかな


------
2010/10/21追記
■Sleep [秒]
一定時間処理を待つ
ありそうで意外とデフォルトだとないらしいので以下から
sleepの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se282254.html

■Set [環境変数名] ([=環境変数の内容])
Set単体で使うとすべての環境変数名とその中身がズラズラでてくる
Set [環境変数名] とすると、指定した環境変数名の中身が表示される
例:>Set SystemRoot
SystemRoot=C:\Windows

さらに、 Set [環境変数名] = [内容] とすると、そのバッチファイル内で環境変数を指定することができる。
なお、環境変数は %[環境変数名]% として展開できる。
あるコマンドプロンプト内限定でパスを通したりするのに便利。
その場合は、Callでコマンドプロンプトを読んでやれば続けて操作できる。

MinGWのgccコンパイラにパスを通しつつ、コマンドプロンプトを起動する例
SET PATH = %PATH%;C:\Program Files\MinGW\bin
Call Cmd

上記のようにすると、すでに設定されている PATHという環境変数に追記する形になる
まぁ、SETに用事があるのはどちらかというと
バッチファイルというよりもコマンドプロンプトで操作をするときなのだが、
毎回環境変数を設定する必要があるならバッチファイルに書き出してしまうのがいい。
まぁ、Windows全体の環境変数の設定を変えたほうが楽なんですけど。
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
管理用:記事作成 xrea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。