上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結論:
undefined reference to `__glutCreateWindowWithExit'
undefined reference to `__glutCreateMenuWithExit'
undefined reference to `_imp__glClear'
undefined reference to `_imp__glTranslatef'
・・・とかのあたりのエラーでコンパイルがコケるときは
GL/gl.hをincludeしてなければやっときましょう。

というかGLUTじゃなくてfreeGLUTをインスコすればいいらしい。



授業でOpenGLを扱うようになりました。
授業の推奨環境はUbuntuなんですけど、Windows好きなもんでMingwでコンパイルしたいと。

しかし各種インストールガイドを見てもどうにも上手く行かなくて
どうしたんだろうと思って glut.h の中身をみて愕然としました。

冒頭ほうのマクロのあたりで、Windows環境で、"且つ GL/gl.h がincludeされている時のみ"
windows.h をincludeするという設定になっているではありませんか。
そんなわけで windows.h か GL/gl.h をincludeすれば上のエラーは消えるようですよ。


freeGLUTのインストールがコケてるぽい時は
Using GLUT with MinGW
からGLUT-MinGW-3.7.6-6.mp.zipをダウンロード
解凍するとGLUTフォルダが出てくるので、中のincludeフォルダとlibフォルダをMinGWのフォルダへコピー
glut32.dllを自分がコンパイルしたプログラムと同じフォルダへコピー

The freeglut Project :: About
からfreeglut-2.6.0.tar.gzあたりをダウンロードしてきて
中のincludeフォルダをこれまたMinGWのフォルダへコピー

これで動くんじゃないかな?

スポンサーサイト
トラックバック:0 | Page Top↑


パス(空欄可)
管理人宛
2行以上のコメントを付ける時はこっちから
管理用:記事作成 xrea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。